【Java】戻り値という考え方に縛られない / 参照渡し

この記事は約1分で読めます。

スポンサーリンク

現場で超めんどくさい機能を実装している時、ソースコードが超冗長になってしまいそうな処理を書いていて、「あ、これメソッド化しないと詰むな」と思ったことがありました。しかしそれは複数の変数を編集する必要があり、同じメソッドを二回呼び出すのもなんかダサい。ということで、今まで「メソッドは戻り値ありかなししかなくて、渡した引数は呼び出し元の変数には影響しない。絶対。」と思っていた私が少しだけ勉強し直してやったことをシェアします。

具体的には以下のように行います。

実行結果

参照値?参照型?の変数のみできる技です。intとかStringは出来ません。Stringは基本型じゃないとか、参照渡しって変な言い方だ!とか熱弁する人もいますけど、実際現場ではそんな事どうでもいいです。徐々に理解していけば良いと思います!私はよくわかりません!

スポンサーリンク

※私は普段、システム開発に関するリアルな情報やコミュニケーションに関するモチベ記事を発信しています。良かったら読んで下さるととても嬉しいです!

[ブログ] システム開発現場のリアルな情報

今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました