【必見】未経験でIT業界への転職 / システムエンジニアへの道

この記事は約6分で読めます。

スポンサーリンク

私は前職で飲食業に従事しており、未経験で、パソコンを全然いじった事がない状態からシステムエンジニアに転職しました。

その時の実体験を晒します。

最近IT業界へ入門されたプログラミング初心者の方や、入門したい方にとってご参考になれば幸いです。

転職する具体的な行動を起こす

飲食業は、私にとって条件が悪かったです。転職しようと思い、どんな仕事が良いか条件を考えました。

今までは、「平日休み、土日祝日忙しい」「友達がいなくなる」「転勤と引越しばっかり」「歩き回る」「給料が安い」「バイトと働く」「クレーム対応」など、私にとって不都合な条件ばかりでしたので、今までと同じ生活には、絶対に戻りたくありませんでした。

「転勤なし」「土日祝日休み」「座ってやる仕事」が、私にとって最低減必要な条件だったので、そのような仕事をしようと決意しました。
それ以外の理由など、特にありませんでした。
(でも座って仕事するのが1番健康に悪いそうですね;)

そして私は未経験者から入れるSES(システムエンジニアサービス)を行なっているIT企業に、運良く就職出来ました。

なんとなく、パソコン使えたら安定しそうとか、今一番必要とされてる技術だしとか、その程度の理由でした。
接客をしてたおかげで、コミュニケーションだけには自信がありましたが、プログラマーへの道は甘くなかったです。

会社には、プログラミング未経験者にプログラミングを教えてくれる、勉強会が週に一度ありました。

そこでプログラミングを学びながら、家でも毎日勉強し、平日はロースキルの現場(電話対応とか、パソコンの初期設定を大量にするとか、誰にでも出来る仕事)で働き、プログラミングが出来るハイスキル現場デビューのために勉強しました。

ハイスキル現場に出るためには、会社が定めた課題をクリアしなければならないのです。そして、そうしないと給料は、永遠に基本給のまま。前職の半分以下です。それだけは避けたい。
そして・・・・

スポンサーリンク

プログラミングは難しい

何度となく、挫折しそうになりました。

まず環境構築とか意味不明で、「環境?何それ?」って感じでした。
あんまり挫折ポイント書き上げると長くなっちゃうんで書きませんが、未経験者に開発業務は本当に難関です。

今思い返せば何でこんな事がわからないのかよくわかりませんが、当時は本当に理解不能でした。
趣味でパソコンとかいじってたとかならまだしも、私は全角と半角の区別も、ロクに出来なかったくらいど素人でした。

それでも前職でまぁまぁ上の立場にいたというプライドもあり、頑張ってました。
スキルが身につくまでは、睡眠時間と休日を潰して勉強し続けないと身に付きません。最初だけだから・・・と思い踏ん張って頑張りました。

最初にやる勉強は、今思えば全然簡単なもの。実際に働くプログラマーに比べたら、おままごとみたいなもんです。それでも私にとっては、非常に難解でした。

そして、私は入社して3ヶ月目に、課題のラスボスに到着しました。
このラスボスは実務レベルのスキルであり、1人で一通りのシステムを1から作成するのです。ここまでやってきた私なら、これもすぐクリア出来る!と思っていたのですが・・・

スポンサーリンク

初心者レベルと実務レベルに差がありすぎる

ついに挫折しました。

今までクリアしてきた課題の内容と比べて、ラスボスは急にレベル高くなりすぎて理解不能でした。いかに「おままごと」だったのかわかります。

例えるならその辺の中ボスを苦労してギリギリ倒してきて、さぁ次はどいつだといつものノリで中ボス戦に向かったら、急にラスボスより強い裏ボス的なやつ(倒さなくてもゲームのストーリー的には全クリ出来るけど、裏ボス倒すと超レアなアイテムと、友達に倒したと自慢できるいう優越感をゲットできるアレ)が出てきちゃって、トラウマレベルに力の差を見せつけられるアレです。

「もう無理。やっぱ転職し直そうかなぁ、、、」とか本気で考えました。つい数ヶ月前までお世話になっていた、転職支援サイトをぼーっと眺めながら。

自分には多分向いてないんだな、と思いました。ハイスキルの現場にデビューしないと給料は基本給しか貰えない。稼げると思ってたのに全然稼げない。思ってたより難しいし何よりできないからつまらない、何がどうなってるのかわからない。

でも、なんだか辞める勇気もない・・・

こうして、私は勉強を1か月以上完全に行わず、プログラミングスキルを身に付ける事を諦めていました。

挫折しかけた時こそ、なぜ転職したのかを振り返る

しかしちょうど年末年始になり、今までサービス業やっていたので年末年始を休むなんてもう何年振りか。
「この職業って、こんなに休めるんだ・・・。前職なら今頃、忙しくしていただろうな・・・。年越しも、バリバリ仕事してて・・・」なんて考えていて、このままじゃダメだな、と思い直し、勉強を久々に再開しました。

一回時間を空けたら、普通できなくなってるような気がするのですが、私の場合違っていました。
不思議と順調に勉強が進められたのです。時間を空けたおかげで、たくさんインプットした知識が脳内で整理されたのかな?とか勝手に思いました。思えば早く課題を終わらせたいがため、必死で勉強してインプットしまくってたので、脳がパンクしそうだったのかもしれません。

そんなこんなで、私は運良く挫折せずにプログラミングの実務でギリギリいけるかなぁくらいの、初歩的なスキルを身に着けて、プログラミング開発のハイスキル現場に出る事が出来ました。

今では前職より全然稼いでいますし、土日祝日が休みなだけでなく、平日も事前に申請すればいつでも休めます。生活リズムは安定して、満員電車はすごくツラい(仕事より疲れます)けど、トータルで考えて本当に転職して良かったと思います。

でも、この時にもっと参考になるわかりやすい、記事とかに出会えればよかったのになぁ・・・と思いました。

だから、自分で作りました。私と同じ経験をしたくない方、必見です!超参考になりますよ!!

[記事] プログラミングを挫折せずに習得するために必要な3つの事

[記事] サンプル付き!JavaでのWebシステムの作り方【JSP & Servlet編】

[記事] サンプル付き!JavaでのWebシステムの作り方【Spring boot編】

続けていれば必ず報われる

挫折せずに乗り越えられた理由としては、やはり独学ではなく教えてくれる人がいたからと、勉強会に一緒に参加して同じ勉強をしている仲間がいたからだと思います。それでも挫折しそうでしたが笑

その後、私は現場に慣れていき、すっかりプログラマーになりました。

その様子は以下の記事に記載してあります、読んで頂けたら幸いです。

[記事] 【参考になる!】システム開発現場のリアルな情報

題名のとおり、システム開発現場のリアルな情報を紹介させて頂いております。

一緒にプログラミングをやろう!

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも多くの参考になるような「システム開発に関するリアルな情報」や、「人間関係論の非常に勉強になる記事」を発信しています!
少しでも興味のある方は、是非覗きに来て下さい!
[ブログ]システム開発現場のリアルな情報
[Twitter] @ayano_java
今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました