【Javascript】jQueryをめっちゃjavaっぽく書く

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

私が今いる現場はjavaがメイン言語です。

でも内部管理用のWebシステムなのに画面のレイアウトとかやたらこだわっていて、jQueryライブラリをめちゃくちゃ使います。spinnerとかdatepickerとかjqgridとか、バックエンドが主でやってる我々javaエンジニアにとっては、「これどうしても必要なの?」と言いたくなるような画面です。

で、一応MVCでやってるのですがjavascriptでロジックバリバリ書きます。なんかもうステップ数5000とかいってるjavascriptファイルが画面ごとにあるのでカオスです。ロジックと画面出力を分けたいMVC派にとっては許しがたい状態ですよね。

私も最初はあまり乗り気ではありませんでしたが、javascriptってやってみると意外と面白い。javaより自由度が高すぎて逆に心配になる感じです。まぁもともと人並みにはやっていたのですが、今の現場の人たちの書き方がjavaっぽすぎてすごかったので、その記述を紹介します。

スポンサーリンク

まずjavascriptファイルで以下のようにjavascriptの「クラス」を設定します。

真ん中のプロトタイプのカンマ区切りのメソッドが各々ロジックのメソッドです。無限に増やせます。必要な時にメソッド単位で呼び出します。もうjavaっぽいですね。

上のメソッドはHTMLから、直接呼び出します。以下のようにbodyタグ内でイベント定義します。

上の例はクリックイベントだけですが、マウスオーバーとかフォーカスアウトとかドラッグアンドドロップとか全てのイベントで発生させることが出来ます。例えばフォーカスアウトで、Ajax通信でjavaを呼び出し、入力値を基にDB検索して取得した値をどこかのテキストボックスに表示させるとか、プルダウンリストの値を設定するとかしています。画面遷移なしで画面の値がゴリゴリ変えられるんです。やってて面白いけど、ユーザーは使いにくいと思いますけどね・・・

※私は普段、システム開発に関するリアルな情報やコミュニケーションに関するモチベ記事を発信しています。良かったら読んで下さるととても嬉しいです!

[ブログ] システム開発現場のリアルな情報

今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました