【必見!】未経験でも大丈夫!転職でプログラマーデビューしたい人が知っておくべき4つの知識

この記事は約4分で読めます。

スポンサーリンク

未経験からでもプログラマーを始める事は、十分に可能です。

しかしながら、ある程度条件はあります。

現在どこかで正社員として働いているが、プログラマー・IT業界への転職を考えている方向けに、私の独断と偏見による条件を挙げます。

31歳以上なら諦めた方が良い

30歳を超えると未経験から採用してくれる会社は、まずありません。会社としても、同じ未経験者であれば伸び代がある若い人材を取りたがるのは当然です。就職活動で無駄な時間を多く費やしてしまいます。

「プログラマーじゃなきゃダメだ!どうしてもなりたい!」という情熱がない限りは、プログラマーは諦めた方が無難です。勉強していくのも長期間モチベーションが維持できなければ必ず挫折します。

逆に言えば30歳以下であれば未経験でも取ってくれる会社はあります。30歳以下の全ての人は、希望を持ちましょう。

睡眠時間を犠牲にする努力を1年以上継続する覚悟を決める

プログラミングは未経験者にとって、とても難しいです。

恐らく今まで物理世界で生きてきた人にとって、誰もが「仮想世界で生きることになった」という迷子状態になります。

安心して下さい。未経験者を受け入れているIT企業に入社すれば、だいたい毎週、勉強会というのもがあります。開発現場で活躍してる先輩達が、プログラミングを教えてくれます。

・・・というのも、その入社した会社次第です。私の入社した会社で言えば、「勉強会」とは名ばかりのただの自習でした。聞かなければ教えてくれないし、メンターがいて進捗を管理してくれてるわけでもない。聞いてもろくに答えられない先輩もいます。勉強会に来なくなっても誰も気にしません。

もちろん、勉強会がしっかりしている会社もあるでしょう。しかし、「勉強会を開催している」というだけで企業としてのアピールになりますので、その実態は入社前にはわからないのです。しかしながら前提として、勉強会を開催していない会社には、未経験者は入社しないようにしましょう。

ではどうすればいいか。まずプログラミングが出来そうな先輩に、勉強会で何度も質問する事です。何度も繰り返す事により、その内覚えてもらえて仲良くなれます。そうなったらこんなに勉強に有利な事はありません。

しかし、「私シャイだから無理」という人向けの方法もあります。わかります。私もとてもコミュ障で、知らない人と話すなんて無理でした。その方法とは、プログラミングが出来そうな先輩に、勉強会で何度も質問する事です。

え?シャイじゃない人と同じ方法じゃんって?バレましたか・・・でもここで「笑っちゃった人」はいいとして、「ガッカリした人」向けにアドバイスします。

仕事を甘く見ないで下さい。質問すらもせずに事が上手く進むなんてあり得ません。これは勉強の話ですが、行く末は「現場で仕事をする事」となります。

仕事をする上で独断で判断してはいけない事や、質問しないと絶対にわからない事が多々あります。質問が出来ない人は、現場に出る資格はありません。必ず、今のうちに改善してください。

そして、質問出来たとしてもプログラミングとはとても奥が深く、全てを理解する事は不可能です。勉強会の途中でプログラマーを挫折する人も、後を絶ちません。相当量の努力が必要です。

平日はロースキルの現場に出ると思われますから、極端な例ですが平常通りの勤務だとして平日は最低でも1時間、土日は8時間以上勉強する必要があります。早くスキルを身に付けたいなら、もっと必要です。そのくらいの努力は、未経験者なら誰でもしています。自分の時間なんてほとんどありません。どのくらいの期間になるかは、自分次第です。

スポンサーリンク

給料は今の半分以下になるリスクを受け入れる

ハイスキルが身につくまで、基本的には基本給しか貰えません。18万円くらいですね。更にそこから交通費や控除系を引くと手元には13万〜14万円しか残りません。

会社にとっては未経験者は勉強をさせてあげながら給料をあげているというお荷物状態です。会社のためにも、自分のためにもスキルを一刻も早く身に付けましょう。

体験者の実体験を参考にする

かくいう私も、全くの未経験からシステムエンジニアのプログラマーに転職しました。趣味でパソコンいじってたとか、仕事でパソコン使った事あるとかそういうのでもありません。むしろパソコンは苦手でした。そんな私でもプログラマーになれました。詳しくは、以下の記事を是非読んで頂けたらと思います。

[記事]【必見】未経験でIT業界への転職 / システムエンジニアへの道

全くのど素人が、システムエンジニアになった話です。

よくなれたよね

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも多くの参考になるような「システム開発に関するリアルな情報」や、「人間関係論の非常に勉強になる記事」を発信しています!
少しでも興味のある方は、是非覗きに来て下さい!
[ブログ]システム開発現場のリアルな情報
[Twitter] @ayano_java
今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました