【システムエンジニアになろう!】参考になる!システムエンジニアの実態

この記事は約6分で読めます。

スポンサーリンク

IT業界へ転職して、システムエンジニアになろうか迷っている方。エンジニアって、実際何をしてるのかよくわかりませんよね。私はかつて飲食業に従事してましたが、現在は転職してIT企業でシステムエンジニアをしています。

そんな現役システムエンジニアである私が、IT業界って安定なの?稼げるの?私でも出来る?と、そう思っている方に向けて、システムエンジニアのリアルな情報をただ流しにします!

業種は多岐に渡る

まず同じ「システムエンジニア」だとしても、入る会社によって業種が全く異なる事があります。多くのIT業界は「システム」を作る会社なのですが、「何のシステムを作る事になるか」まで、バッチリ決まっている会社はあまりないと思います。

それに、システムを作る「プロジェクト」というものは永遠に続くわけではありませんし、プロジェクトが終わらなくても途中で抜けて別のプロジェクトへ参画する事も多々あります。

私は自社開発を知らないので、一般的なSES (システムエンジニアサービス ) を行なっている会社を想定してお話しします。SESは客先に常駐して仕事をする人です。「入る会社によって業種が変わる」というのは、客先での「立場」が変わるという事です。

多くのエンジニアが、プロジェクト参画に採用されるまでに商流というものを経て客先に至ります。私は未経験からIT業界にいきなり入ったのでわけがわかりませんでしたが、簡単に言うと以下のようになります。

  • 会社A「会社Bさん、システム作って」
  • 会社B「うちの会社の人だけでは人数や技術が足りない…会社Cさん、良い人いないっすか?いたらうちの社員として働いてもらいます」
  • 会社C「わかりました!何人か紹介したけど、まだ必要みたいだな…」
  • 会社D「うちの社員なんかどうですか?」
  • 会社E「うちの社員働かせて下さい!」

ちょっとわかりづらいですねこれ笑

もし、わかって頂けたなら嬉しいです。わからない方のために、もう少し説明します。

会社Aが、いわば自分の会社で使うシステムが欲しい人です。顧客管理なのか、社員管理なのか、または一般人が使うWebサイトなのかわかりませんが、とにかくシステムが欲しい人です。大企業である事が多く、一番偉い人です。会社Bの顧客であり、「クライアント」とか言ったりもします。

会社Bが、会社Aから直接仕事を依頼されている人です。開発現場 (客先) ではこの会社が仕切っている事が多く、実際にシステムを作っていきます。ちなみに会社B的な立場の会社が複数存在する場合もあります。皆仲良く同じ現場で仕事をします。

会社Cは、会社Bに雇われている人です。会社Bの社員として働きます。転職したわけではなく、あくまで派遣社員的な立場でプロジェクトに参画します。

会社Dから先は、それの繰り返しです。1つ上の会社に雇われ、会社Bの社員として働く。これの繰り返しです。

なぜややこしい事をするかと言うと、IT業界は常に人員不足です。仮に人数がいたとしても、技術者が不足しています。だからこうしてバイトでなく高待遇で、会社間での雇用形態となっている事が多いです。※あくまで私の経験上です。そうでない会社も多々あります。

さて、なぜ入る会社によって業種が変わるかと言うと、会社Bあたりに入った人は、一度決まった現場を延々と続ける事が多いです。このプロジェクトは、会社Bにとって重要な仕事だからです。大きな収入源となっているので、少しでもプロジェクトが長く続いて欲しいですし、ずっと会社Bの社員をなるべく多くそこに置いておきたいのです。商流が上の方の会社に入る金額は、基本的に下の人より高いです。

スポンサーリンク

エンジニアとしての成長

「商流が上の方が絶対に得じゃん!」と思うかもしれませんが、エンジニアにとってどうでしょうか。例えば古臭いパソコンで古臭いシステムを作り、時代遅れの設計書とにらめっこし続けるような現場にずっと居続ける事が、エンジニアの成長に繋がるでしょうか。その現場で得た知識と技術が、次の現場で活かせるとは限りません。

この記事を読んで下さっている方が未経験の前提でお話ししますが、まずは会社Cや会社D以下の会社で働く事をおすすめします。心配せずとも中途の未経験者を募集している会社は、そのような仕事を扱っている会社が多いです。

なぜかというと、色んな現場に行き様々な知識と技術を身に付けた方が、エンジニアとしての成長は早いからです。「もう出来るようになった事」を延々と続けるより、「まだ全然出来ない事」と出会い、学ぶ方が良いです。目安としては、1つの現場を半年、遅くとも1年くらい続けたら次の現場に行くべきです。

逆にそれ以下はダメです。技術をちゃんと吸収して学べません。次の現場に行く時も、雇う側の会社に「技術が足りなくて追い出されたのかな?」と思われてしまい、次の仕事が決まりにくくなります。

色んな経験をする事で、エンジニアとしての経験値が上がっていきます。同じ所にいつまでもいても、重要な仕事は与えてもらえません。なぜなら商流が上の会社は、自分の会社の若い人材を育てたいからです。どうすれば良いかと言うと、成長したら最初から重要な仕事を任せて貰える現場に行けばいいのです。

「え、でも商流は?」と思った方。難しい話なのですが、例えば先述した例で言えば「このプロジェクトでの商流は低い」だけなのです。会社Dの社員が、たまたまその現場では低い商流で雇われていますが、他の現場には会社Bの商流の立場で仕事をしている会社Dの社員がいる事もあります。

つまり技術に応じて、雇われる商流が変わる事もあるのです。経験が浅いうちは色んな現場で経験し、技術が上がったら商流の高い現場で活躍する事。それがベストです。

スポンサーリンク

システムエンジニアは稼げるのか

「結局、システムエンジニアは稼げるのか?」

答えは、イエスです。しかも年数とか関係ありません。1年目で前職を超える事など、造作もない事です。ただし、「技術次第」と言う事を忘れてはいけません。システムエンジニアは、甘くありません。技術がない人にはとことん金を払わないし、技術がある人にはどんどん金が入っていきます。完全に実力社会です。年齢など何の役にも立ちません。

「じゃあ、技術を身につけるにはどうしたらいいの?」と思っている方に超おすすめな記事があります。是非一度読んでみてください。

[記事] プログラミングを挫折せずに習得するするために必要な3つの事

プログラミング技術を身につける事は、非常に難しいです。努力と我慢の日々が、1年以上続く覚悟が必要です。挫折したら意味がありません。始めるなら、必ず習得して下さい。大丈夫です。先述した記事に、「どこで挫折しやすいか」「何が出来るようになればいいか」など、事細かく記載しています。是非とも参考にして頂きたいです。

私の話になりますが。本当に転職してシステムエンジニアになって、よかったと思います。私の環境では、という話になりますが、給料面は伸び代しかありません。生活リズムが安定して、健康にもなりました。土日祝日はちゃんと休めますし、平日も事前に申請すれば基本的に休めます。

残業もあまりなく、現場では会社D的な立場にいるので、何のストレスもありません。商流が高い会社の社員がいくら貰ってるのか知りませんが、基本的にハイスキルの技術者の給料は高いのです。

プログラミングは、出来るようになっちゃえばこっちのもんだよ!

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも多くの参考になるような「システム開発に関するリアルな情報」や、「人間関係論の非常に勉強になる記事」を発信しています!
少しでも興味のある方は、是非覗きに来て下さい!
[ブログ]システム開発現場のリアルな情報
[Twitter] @ayano_java
今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました