【人間関係論】確実!自分の事を好きになれる3ステップ

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

「私は何を目的として、生きているのか。」「何を目指しているのか。」「どうしてこんなに、生きているの事がつまらないのか・・・」

「全然、生きているの事が苦なのではありません。もちろん、めちゃくちゃ笑う日もありますし、友達もたくさんいます。でも、そうじゃなくて、なんか『生きてる!』って実感出来るような、何かが欲しい。私は、何のために生きてるの・・・」

このような人生迷子状態に、あなたはなった事があるでしょうか?私は、たくさんあります。でも、改善されました。これから先も、迷子にならない自信があります。あなたも、人生迷子状態から抜け出しませんか?

どのようにして人生迷子状態から抜け出すか。私なりの考えを、ご紹介致します。少しでも、ご参考になれば幸いです。

事実を受け入れる

自分の事が好きではない。そういった方は、多いのではないでしょうか。

なぜ、好きになれないのでしょうか?「友達が少ないから」「仕事が出来ないなら」「夢中になれる趣味がないから」など、理由は様々でしょう。しかしそれは、こうとも捉えられないでしょうか。

「他人からの良い評価を、自分が満足するまで得られていないから」

人とは、無意識に他人からの評価を「最重要」としてしまっています。「他人から評判が良くなければダメな人」「他人から評判が良ければ良い人」という風に自分の事も、他人の事も見てしまっています。

では他人から評判が良い人は、自分の事が好きになれるのでしょうか?

それは、なかなか難しいでしょう。なぜなら、どんなに他人からの評価が良くても、結局「自分が自分をどう思うか」というのは「自分が決める事」だからです。従ってそもそも、「他人からの評価を自分が満足するまで得る事」など、到底出来ないでしょう。

まずは、受け入れて下さい。

世の中は、自分の思い通りには絶対になりません。自分が満足するまで他人から評判を得られる日など、永遠に来ません。

ではそんな中で、自分を好きになるには、どうすれば良いのか。

切り分けて考える

まず、物事を大きく2つに切り分けてみて下さい。

  1. 自分で変えられる事
  2. 自分で変えられない事

先述した、「他人からの評価」というのは、自分では変えられない事です。他人が自分の事を「こういう人間だ」と判断する事は、自分にはコントロール出来ません。

他にも、色々あります。我々はしばしば、「自分で変えられない事」であるのに、深く思い悩む傾向にあります。

こう言った「自分で変えられない事」について悩んでも、無駄だという事を理解しましょう。他人の取る行動や、物事の結果に期待してはいけません。それは自分が改善する問題ではないからです。

それより、ちゃんと考えるべき事は「自分で変えられる事」です。

「悪口を言わない」「人を褒める」「感謝を伝える」「人を助ける」など、自分が改善すべき問題はいくらでもあります。自分が行う「行動」を変えられるようになる必要があります。

スポンサーリンク

物事の捉え方を変える

「自分もして欲しいくらいなのに、何でそんな事しなきゃいけないの?私が良い人になったら、良い思いをするのは他人じゃない。私は、自分が満たされたいの!!」

と、思ったあなた。おやおや・・・ついに本性を現しましたか。そうです。いくら格好付けてもそれが本音です。人とは、自分が一番大事で、自分が一番可愛いに決まってます。変に世間体を気にして、この事実を否定する事をまずはやめてみるべきです。

その事実を否定していると、あなたはどんどん不幸になっていきます。まずは自分自身を満たし、幸せで楽しくさせてあげる事が重要です。なぜなら、自分が満たされていないと、他人に優しくなど出来ません。自分1人に優しくなれないようでは、他人に優しく出来ないのは当然の事でしょう。

では、自分を満たすにはどうしたら良いか。それは物事の捉え方次第で、いくらでも満たす事が出来ます。私が最近体験した、実例を挙げます。

仕事が終わり家に着いた時に、ふと部屋の中を見回しました。部屋は、とても散らかっていて汚く見えました。「あぁ、なんて汚いんだ・・・」と思いました。「片付けて掃除したら、今『汚い』と感じているものが、『綺麗』に変わるのだから、なんて素敵な事なのだろう・・・週末は、掃除でもしてみるか!」と、なんかよくわからないけどモチベーションを上げる事が出来ました。

自然と嬉しくなるような出来事は、そのまま受け入れれば済むのですが、このような「一見悪い出来事に見える出来事」には、以下のように捉えてみる事です。

  1. 失敗から学び、今後に活かす
  2. 失敗した自分を、笑って許す
  3. 失敗した出来事を、「貴重な体験」、「価値ある体験」と捉える

このように出来事を捉えた場合、今まで自分の気分を下げるだけだった出来事も「人生のプラス」と捉える事が出来るようになります。自分の中でジョークのような、無理のあるひねりを加えても構いません。とにかく全てをプラスに持っていく事です。最初は難しくても、大丈夫です。続けていると、自然と出来るようになっていきます。成果が感じられなくても、諦めないで下さい。あなたが「やろう!」と決めて行動をしているという、その事自体に「価値」があり、「意味」があります。

プラス思考について、詳しく記載した記事があります。興味のある方は、是非参考にしてみて下さい!

[記事] 【プラス思考はすごい!】尊敬する人から学ぶ、人生の楽しい生き方

プラス思考は、人生の迷子状態から抜け出す最高の手段の1つです。それだけでなく、確実に幸せで楽しくなれると私は断言出来ます。そして、自然とあなたの人格は正しい方向へ成長していきます。「優れた人格の人」は、多くの人から必要とされ、賞賛され、評価されていきます。

でも、その頃にあなたはもう、他人からの評価にあまり価値を感じていないでしょう。なぜなら、あなたはもう知っているからです。自分を幸せにするのは、自分自身であるという事を。

あなたはそのままでも、十分素晴らしい人だよ。そして、あなたに起こるどんな出来事も、価値がある素晴らしい体験だよ!

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも多くの参考になるような「システム開発に関するリアルな情報」や、「人間関係論の非常に勉強になる記事」を発信しています!
少しでも興味のある方は、是非覗きに来て下さい!
[ブログ]システム開発現場のリアルな情報
[Twitter] @ayano_java
今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました