人間関係、めんどくさいからリセットしたい?あなたは、自分の事を何もわかっていない

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

「人間関係って、めんどくさい・・・」

そう呆れて、人間関係について考える事を放棄しようとしているあなたに、残念なお知らせです。

あなたは、人間関係について考える事を、放棄する事は出来ません。

なぜなら、「人間関係について考える事を放棄する人」は、「人間関係がめんどくさい」と思うような人ではないからです。

逆に言えば、あなたは無意識に人間関係を改善したいと思っています。でも、何をやっても上手くいかない。または、やろうとしても「邪魔する何かがある」という事がわかるから、下手に動けずにいる。だから、いっそ放棄する事で、楽になりたいという衝動に駆られています。

でも、改善出来ない・・・。
もうめんどくさい、疲れた・・・。
そう言った方の悩み解決方法について、ご紹介致します。

あなたは、どんな人なのか

まずは冒頭で少し触れた、「人間関係について考える事を放棄する人」は、「人間関係がめんどくさい」と思うような人ではない、という事について少し説明します。

では、「人間関係について考える事を放棄する人」とは、どんな人なのでしょうか。「人間関係がめんどくさくない人」?いいえ、違います。

放棄はしません。「放棄するもの」がないのです。人間関係について、あまり深く考えた事がない人です。

あなたの周りにも、いませんか?周りからのフォローで、成り立ってるような性格の人が。

そう、今思い浮かべたその人です。その人は、「失うもの」がありません。なぜなら、まだ手にしていないのです。相対的に物事を見る能力、いわば「優れたコミュニケーション能力」という、あなたが身に付けているものを。

あなたは、相対的に物事を見る能力に長けています。しかし、長けているがために、自分で自分を、傷付けてしまいます。人の目、自分の目が気になり過ぎてしまうのです。

そのせいで、能力が低い人の数倍の量の情報があなたの頭に入り過ぎてしまい、「全てに上手く対応したい」という気持ちのせいでキャパオーバーしているのです。

あなたはとても優れた人です。でも、「全てに上手く対応したい」という思いを実現する事は、困難です。しかしながら、「『全てに上手く対応する』という事に近い事」なら出来ます。しかもそれは、何かを「頑張る」という、労力を消耗するものではありません。むしろ、今まで無駄に使っていた労力を、減らす事です。考え方を少し変えるだけで、それは実現する事が出来ます。

嫌なら、やめる

あなたは、優れた性格のせいで「良い人でい続けよう」と思っている事でしょう。よく、「良い人をやめれば楽になる!」という本を見かけますが、「それが出来たら苦労しない」と、あなたが思っている事が想像出来ます。理屈じゃないんですよね。自分だって、やりたくてやってるわけじゃない。

だから、「あんまり好きじゃないけど、一緒にいる人」「嫌々付き合ってる人」が、あなたにはたくさんいます。その人達と付き合うメリットも、何かしらあるのでしょう。ですが、メリットがない人との関係は、すぐに切って下さい。バッサリと。

ここは勇気を出して、思い切ってやっちゃって下さい。冷静に考えて下さい。相手が可哀想、以上に自分が可哀想です。それだけで、いくらかマシになります。

まだ終わりません。次に、「付き合うのは嫌だけど、メリットがある人」との関係についてです。

その「メリット」の大きさって、どれくらいですか?

はい。頭の良いあなたなら、もう私が何を言いたいのかなんて、手に取るようにわかるでしょう。そう、その通りです。

メリットが少ない人との関係も、バッサリ切っちゃって下さい。これは天秤にかける必要があります。

  • メリットが無くなるデメリット
  • 付き合いを無くすメリット

どちらか大きい方を、選択して下さい。

もし迷うのであれば、バッサリいっちゃいましょう。思い出して下さい。あなたは「人間関係はめんどくさい」と思っています。そうであれば、優先順位を考えて切りましょう。

「仲が良いふり」をするくらいなら、「仲が悪い」の方がいいんです。その方がお互いに、将来的には本音で話せる「本当の友達」になれる可能性があります。大丈夫です。今の所、無駄を省いてるだけです。

スポンサーリンク

嫌われてもいい

あなたの素晴らしい個性は、他人の目を気にして消えてしまうべきではありません。もっと自信を持って、自分が正しいと思うことをしていくべきです。

あなたが自分の正義を貫けないのは、恐らく「全てを上手く対応したい」という信念が原因でしょう。

あちらを立てればこちらが立たず。損する人と、得する人が出てしまう。自分が得するか、損するか。だから、「自分が損する」選択をついしてしまうのでしょう。どちらも上手くいけば一番良いのですが、そういったどちらかが損するような選択肢がある場合、これからは自分が得する方をこれから選ぶようにしましょう。

もしかしたら、あなたは他人から嫌われるかもしれません。あいつばかりズルい、あいつは欲張りだ、と。聞く耳を一切持たないで下さい。言わせとけばいいんです。

他人が不幸になろうと、知った事ではありません。あなたは、あなたの幸せを一番に考えて下さい。大切な人ならまだしも、あなたがそういった選択肢で切り捨てるような人は、本当は大切な人ではないのでしょう。

私は、性格が優秀なあなただからこそ、こんな事を言っています。未熟な人に言えば、この世は犯罪者だらけになってしまいます。でも、あなたは能力の高い人で、今まで自分を犠牲にしてきた人です。そう言った人は、自分に対し卑屈になり過ぎる傾向があります。

私は日頃、「他人へ尽くせ」「人を幸せにしろ」と言いますが、あなたには異なる事を言います。

大切な人だけ守れれば、それだけで良いです。大切ではない人まで、守る必要はありません。むしろ、自分の利益のために利用する事すら、私は賛同します。「全ての人を幸せにしたい」など言ってる人ほど、自分の家族すら幸せに出来ていないものです。

変に格好付けて、大義名分をかざすのはもうやめましょう。「良い人をやめる」のではありません。「自分の生きたいように生きる」事です。その中に「良い人でいたい」というのがあれば、やれば良いのです。あなたはそれを行うだけで、幸せになれるのです。

他人のために生きるのは、もうやめよう!

スポンサーリンク

いかがでしたでしょうか?
このブログでは、他にも多くの参考になるような「システム開発に関するリアルな情報」や、「人間関係論の非常に勉強になる記事」を発信しています!
少しでも興味のある方は、是非覗きに来て下さい!
[ブログ]システム開発現場のリアルな情報
[Twitter] @ayano_java
今回は以上です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました