GEEK JOB(ギークジョブ)で未経験で飲食業から転職成功!評判や口コミ

この記事は約7分で読めます。

スポンサーリンク

私は、飲食業からIT業界に転職した1人です。

今感じている事は、「本当に転職して良かった…!」という事です。

それと同時に、「もし仕事を続けていたら、一生あのままだったのか…」とも思います。

現在は、とても自由を感じています。

生活、仕事、金銭面でも全てにおいて大満足です!

私の実体験から考察すると、飲食業( IT業界未経験 )からIT企業へ転職し活躍する事は十分に可能です!

あなたも、迷っているなら早めに決断すべきです。全力でおすすめします!

しかし、転職は失敗もあります。どうせするなら、絶対に成功したいですよね。

そのためには、どうすればいいか。先に結論を言います。

技術を身に付けさせてくれ、転職活動を支援してくれる「味方」を付ける事です。

その「味方」が以下です。

GEEK JOB公式サイトはコチラ!

飲食業からIT業界未経験でIT企業に転職した、私の実体験に基づく成功のコツをご紹介します。

もしあなたが今の仕事に何かしらの不満を感じているなら、是非参考にしてみて下さい!

IT業界へ転職するメリット

飲食業は「体を使う仕事」いわゆる「ガテン系の仕事」と同じジャンルであると言えます。

デスクワークをしている人を、「エアコンの効いた室内で、座って仕事をしてて楽でいいよな」と、軽く見下しています。

そうです。めちゃくちゃ妬んでいます。羨ましすぎるので、見下す事で自分を正当化し、心のバランスを保っているのです。( 私はそうでした )

ガテン系の作業者は、基本的に業務中トイレにすら行けません。

周りに許可を取れば行けますが、「トイレに行く」という「たったそれだけの事」にすら、罪悪感を感じながらでしか行う事が出来ないのです。

当然スマホもいじれませんし、お菓子も食べれません。状況によっては、昼食を取ることも出来ません。

それでも、楽しくやりがいを持って飲食業で働いてる人もたくさんいますし、否定はしません。

しかし、私にとっては「私が望んでいる働き方ではなかった」と思います。

デスクワークの人達は、基本的にトイレは自由に行けますし、お菓子を食べながら仕事が出来ます。

いつタバコを吸いに行ってもOKですし、そのまま30分戻らなくても大丈夫です。( さすがに怒られかねませんが、可能です。)

当然スマホもいじれます。プライベートの電話なんかも、全然出来ます。

私は先日、仕事中にクレジットカードの申し込みを完了させました。余裕で。

その時、

「あれ?自由過ぎてヤバくない?」

と思った事が、この記事を書いたきっかけとなりました。

飲食業をやっていた時は、給料がたくさん貰えても、使う時間がありませんでした。

「お金を使う時間がない」とは一見良さそうに見えますが、こんなに不幸な事はありません。

「お金を使わない」という事は、出掛けたり、遊んだり、物を買ったり、美味しい物を食べたりしていないという事です。

つまり、「自分の成長や、幸せのために投資していない」していないという事です。

一体、何のために生きているのでしょうか…。

私はそれでも前職で楽しく働いていましたから、社畜でいる事が大好きなドMだったのかもしれません。

転職して、目を覚ましました。

前職は全国転勤がある会社だったので、地元から離れたおかげで家族とは会えなくなり、友達はいなくなりました。

休日の過ごし方は、毎週「1人で昼寝と爆食い」でした。それ以外やる事がありませんでしたし、腹を満たす事でストレスを解消していました。

私にとって前職は、私の「人生の全て」を縛るものでした。

飲食業が全部こうであるとは言いませんが、自由度は大切です。あなたは、自分で気付かないうちに自由を失ってませんか?

早めに決断すべきです!一生このままで、本当に大丈夫ですか?

転職は幸せになるための挑戦

転職とは、自分に対する投資です。

自分を可能性を広げ、技術を高め、人格を磨き、自分を幸せにするための行動です。

「転職、失敗しそうで怖い…」

「今より給料が下がったら…」

今から未経験の業務を始めるなんて、無理ゲーだよ…」

そう思いますよね。私もそうでした。

会社を辞める人達を見て、かつての私は彼らの事を「負け犬」のような目で見ていました。

「会社辞めて、どうするの?ヤバいんじゃない?私は、大丈夫だけどね」と、謎に勝ち誇っていました。

しかし、今はそんな彼らにジャンピング土下座したいくらい価値観が180度変わりました。

人生も180度変わりました。会社に全てを縛られていた人生から、一気に自由度が爆上がりしたのです。

転職を成功させるために

既にお伝えしましたが、未経験からIT業界への転職は可能です。

まず成功率を少しでも高めるには、「全く知らない状態」から「知識はある状態」になる事です。

あわよくば、「知識も技術もある状態」になる事がベストです。

企業としても、「この人はスキルを上げるために努力する人材であるし、全くの未経験よりは即戦力になりやすい」と判断します。

業務経験はなくても、全くの未経験で初心者の人よりは、確実に採用されやすいでしょう。

しかし、確かにプログラミングなどのスキルを身に付ける事は難しい事です。

独学で身に付ける事は、努力と運が必要です。

そこで、先ほどもご紹介した方法です。

こちらは、プログラミング学習をサポートしてくれるだけでなく、IT企業への就職活動も支援してくれます。

以下は冒頭でご紹介したものと同じサイトです。ご覧の通り、完全無料です。

GEEK JOB公式サイトはコチラ!

プログラマーはシステムエンジニアの「花形」であり、システム開発の「主役」です。

どうせIT企業で働くなら、プログラマーが良いです。

私はどちらかというと「めっちゃパソコン苦手」でしたが、プログラマーを目指しました。そして現在、プロとしてプログラマーをしてます。

生活リズムが安定して健康になり、転勤・引っ越しとは無縁になりました。

土日祝日を休む事ができます。事前に申請すれば、平日に休む事も容易いです。

家族がいる方は、休日を共に過ごせます。お子さんがいらっしゃる方は、学校の休みとも同じはずです。

たったそれだけでも、転職する価値なんか十分にあると思います。

私は、割と有名なレストランの店長を勤めていました。

しかし、私が飲食業で築いてきた立場知識・経験など、世の中に何の価値もない事に気が付きました。

ですが、プログラミングスキルの需要は、今や絶える事はありません。

常に技術者は不足していますし、これからどんどん大きくなっていく、未来とやりがいのある業界です。

プログラミングは、とても楽しくやりがいのある仕事です。プログラミングをしていると、時間を忘れてしまいます。

しかしそれは、「出来る」から楽しいのです。「出来ない」とつまらないだけでなく、精神的にしんどくなります。

自分の知らない事を、自分の頭で考えても理解出来る事はありません。

プロに教えてもらう事が、一番の近道であり、成功率が高い方法です。

入社してからも、プログラミングスキルがしっかり身に付くまで面倒を見てくれるとは限りません。準備は、すればする程良いのです。

「技術を身に付ける事」と「転職活動」の両方を支援してくれる「仲間」を付ける事は、圧倒的に有利です。

世の中には、物凄い自由を手にしながら大金を稼いでいる人がたくさんいます。

行動を起こせば、あなたもそんな人たちに確実に近付く事が出来るのです。

そんな情報も、会社に縛られて忙殺される毎日を過ごしていると知る事すら出来ません。

29歳以下であれば、十分過ぎるほど間に合います!

自分の人生を有意義なものにし、自由の時間を増やし、幸せになるための行動です!

GEEK JOB公式サイトはコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大切な事なのでもう一度言わせて頂きますが、転職とは自分を可能性を広げ、技術を高め、人格を磨き、自分を幸せにするための行動です。

失敗しないためにどうするか、成功するための方法は既にお伝えした通りです。

私は転職し、人生が大きく変わりました。

IT業界で活躍していくと、可能性は無限になります。もし今の仕事を納得して楽しく出来ていないのなら、早いうちに決断すべきです。

「毎日同じ事の繰り返しで、つまらない…」

そんな人は、転職する事で人生が丸っきり変わります。

より自由で楽しく、幸せな人生を歩むための行動を起こす勇気を、ほんの少しだけ出してみて下さい。

きっと、あなたの人生も劇的に変わる事でしょう!

GEEK JOB公式サイトはコチラ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました