CaSy家事代行!ワンオペ育児逃げ出したい!評判や口コミもチェック

この記事は約5分で読めます。

スポンサーリンク

「家事しんどすぎるから、逃げ出したい…」

「私ひとりじゃ、『あれもこれも』なんて出来ない…」

今、そんな状況じゃありませんか??

基本的に日本は、育児や家事を他人に任せなさすぎです。

もし育児や家事を他人に頼むと、
「母親失格」というレッテルを貼られるような風潮があります。

そして、あなた自身も同じように思っています。

しかし、現実的には無理があります。

家事とは、とても奥が深いです。
家事の中には、「家事」と呼べないような超細かい作業まで存在します。

交換系、詰め替え系、拾う系、拭く系・・・

いつまでもこんな事を続けていると、最悪の事態が起こる可能性があります。

あなたが、「誰か助けて!」「逃げたい!」と思っているのなら、
早めに手を打つことが大切です。

なぜ、育児がこんなに大変なの?

海外では、
「日本で子育てをする事は、海外より遥かに大変」
と言われているそうです。

それはそもそもの原因で言うと、
日本と言う国が「不幸の国」である事です。

日本の幸福度が非常に低い事は有名ですよね。
100カ国ちょいある中で、50位以下だそうです。

先進国であり、戦争がなく子供のホームレスもおらず、決して「飢えている国」ではないのに、幸福を感じている人が少ないのです。

それが原因かはっきりしませんが、日本の社会は、
「子供優先」という意識はあまりないように感じます。

海外では、お父さんやお母さんが子供を怒鳴ったり、叩いたりすることはあまりないそうです。

子供は、社会的に弱い立場として、強く守られています。

お母さんがベビーカーで電車に乗った時なんかも、
誰もお願いしたわけでもないのに、持ち上げる事を手伝ってくれる人がいる事なんて普通の事のようです。

席を譲る事も当たり前で、「弱い立場の人を守る」という事は、常識となっているのです。

同時に、「子育ては楽しい事である」という認識も海外では普通な事が多いようです。

夫婦の両家の祖父母同士が、
「自分たちが子育てを手伝いたい!」
と「子育ての取り合い」をする事もあるのだとか。

子育ては、人気の楽しい仕事のようですね。

色々説明してきましたが、日本では考えられませんね。
なんとうらやましい事でしょう。悲しくすらなってきます。

電車に乗っても、誰も手伝ってくれないのは当たり前です。
むしろ、

「ベビーカー邪魔」
「子供うるせえ」
「電車に乗るな」
「子供がいるからって、何をしてもいいと思うな」

くらいに思われてしまいます。

子育てなんか誰もやりたがらないし、基本的に誰も手伝ってくれません。

皆、心が満たされていません。
常にストレスを抱え、不安と不満で心は満たされています。
「弱い立場の人を守る」という、余裕がこの国にはないのです。

主婦は孤独です。

あなたは、幸せになるために産まれてきたはずです。

そして、子供は幸せにするために産み、育てているはずです。

そんな幸せになるための「育児」が原因で心を病み、不幸になるのはおかしくないですか?

そもそも、家族だけでは子供は育てられません。
旦那さんが手伝ってくれたとしても、育児の手は不十分です。
旦那さんが手伝ってくれないご家庭なら、奥さんがパンクしてしまうのは当然の事でしょう。

昔から、子育ては「困ったときは助け合う」という方法で
成り立っていたはずです。

現在はネット社会となり、ご近所同士の付き合いもかなり減りました。
閉鎖的な空間で暮らしていく事になってしまったのです。

そして、不幸の国の社会というコンボが決まれば、育児が成り立たなくなるには十分な条件が揃います。

「ワンオペ育児がしんどいから逃げたい」という状況は、ごく当たり前の事です。

世間は「育児ノイローゼ」に対して非情です。

祖父母も旦那も、そうかもしれません。

しかし、誰になんと言われようとも、そんな状況から救われて下さい。

逃げ出して下さい、という事ではなく、ワンオペ育児をやめる事です。

旦那や祖父母、兄弟(姉妹)や友達でも良いでしょう。
とにかく、一人で育児を行う事は不可能ですし子供がかわいそうです。

やり遂げても、威張れるものではありません。
もっと、自分の幸せのために時間を使いませんか?

勇気を出して、ワンオペ育児から抜け出して下さい。
そもそも一人で育児をしている事自体が原因です。

勇気を出して周りの人達に相談して、手伝ってもらえるような事がないか検討してもらいましょう。

もし難しければ、「家事代行」というものがあります。

「自分の時間をお金で買う」という感覚です。

お金はかかりますが、無料で全て自分で行おうとすると現状を何も改善できません。

以下に私のおすすめの家事代行をご紹介しますので、検討してみて下さい。

家事代行サービス


お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

CaSyの家事代行サービスは、スマホのアプリからいつでも簡単に予約が出来るお手軽サービスです。

公式サイトにある口コミを見ていると、とても親切で利用者の事を考慮したサービスが満載です。

もちろん様々な家事業務を対応しており、対象都道府県の範囲も非常に広いです。

母親である、あなた自身がダメになってしまうと、家庭の全てがダメになってしまいます。

あなた自身が余裕を持ち、幸せでいる事を最優先に考えて良いはずです。
そうする事で、初めて周りの人達を幸せにすることが出来るのです。

日本人は、自己犠牲の精神が強いです。
しかし、そんなもの時代遅れです。
自分一人幸せにできない人が、他人を幸せにすることなど不可能です。

もっと、自分の幸せを考えて、勇気を出して行動してみて下さい。

もっと、育児が楽しくなるはずですよ!

CaSyの利用を考えている方は、ネットからのお申込みをおすすめします。

CaSy公式サイトはコチラ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました